がんは転移する前にやっつける!病気解決アドバイザー

医者

生存率が低いがん

早期発見が難しいのが特徴

悩み

「がん」と一口に言っても、発症する部位により、特徴は異なります。近年、患者数が増加していると言われているのが「すい臓がん」です。すい臓がんの特徴として、早期発見が非常に難しいということがあります。これは、すい臓が肝臓や胃などの臓器の裏側に位置しており、検査などを行うことが難しいということが理由として挙げられます。また、悪化していても自覚症状が無いことが多いということも発見が遅れる原因と考えられます。すい臓がんの治療は基本的にはがんの切除ですが、他の部位に転移が認められた場合には化学療法や放射線療法が中心となります。すい臓がんの原因として考えられていることの1つに食生活の欧米化があります。そのため、今後も患者数が増えることが考えられています。

自分で測ってみよう

すい臓がんは発見された時には、他の部位に転移していることが多いため、生存率が極端に低いがんです。転移をする前に見つける方法として、いくつかのポイントが挙げられます。転移をする前に見つけることが出来れば、生存率を高めることが出来ると期待されます。自分で気をつけるべきポイントとしては、まず血糖値をチェックするという方法があります。食生活や生活環境に特別な変化がないにも関わらず、急激な血糖値の上昇が見られた場合には、専門医に相談したほうが良いでしょう。なお、計測するのは、空腹時にするようにします。血糖値の計測方法としては、医療機関で計測する方法と、専用の機器を購入する方法があります。最近では手頃な価格で購入することが出来るものもあるため、気になる場合には購入し、日頃の変化を記録しておくようにしても良いでしょう。