がんは転移する前にやっつける!病気解決アドバイザー

悩み

食物が喉を通りにくい

先生

咽頭がんは日本人には発生しにくいがんになっています。この治療には放射線治療や化学療法による治療が行われています。また喫煙をすることにより転移しやすいがんとも言われていますので、このがんと診断されたらただちに禁煙を行ってください。

悪性腫瘍の再発

再発のしやすさ

男性

悪性腫瘍すなわち癌は転移することがあります。血液を通して違う臓器で再発する「血行性転移」や胃がんのように、癌がお腹の中にちらばってします「播種」が代表的です。転移のしやすさは癌の種類によって異なり、一般的にしやすいといわれているのがメラノーマやすい臓がん、乳がんなどで、メラノーマはリンパ節に、乳がんは肺、肝臓、骨などに転移しやすいといわれています。逆にしにくいのは、子宮頸がん、甲状腺がんといわれています。卵巣がんでは子宮や大腸、腹膜などに、スキルス胃がんは腹膜などに浸潤しやすく、転移や浸潤しやすい癌は再発しやすい癌でもあります。では癌の転移をできるだけ抑えるにはどのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。

日常生活で気をつけること

医師の指示に従い検査や必要な治療を継続する癌の摘出手術が成功したからといって終わらずに、医師が治療を進めるようであば、わずかに残っている可能性もあり、継続的な治療や検査はきちんと行なう必要があります。一般的には数年〜5年間は医師から指導されるので自己判断で受診をやめることは避けましょう。生活習慣の改善癌の原因の一つの「老化」を促進するタバコ、ストレス。睡眠不足をしないように、規則正しい生活を習慣づけましょう。食生活の改善癌の転移を防ぐには免疫力を高める必要があります。加工食品は便利ですが、依存したしまうとビタミン、ミネラルを効率よく摂取できません。栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。抗酸化サプリメントは、活性酸素を除去するような働きを持ち効果を求めて使用され、癌のリスクを低下させるという報告が明確ではないですが存在しています。しかし最近、メラノーマに関して、抗酸化物質が転移する癌細胞を抑制する働きのある体内分子を攻撃する作用があり、腫瘍の数を増やし転移を助けていると発表され、患者さんが日々の栄養を抗酸化作用のあるサプリメントで補うべきではないと報告されています。

胆のうにできるがん

先生

胆のうがんとは、肝臓と十二指腸の間にある胆のうにできるがんであり、症状としては腹痛、黄疸などが挙げられる。しかし、症状がでづらく、早期発見が難しかった。しかし、現在では超音波検査などにより早期発見が可能になった。

生存率が低いがん

悩み

早期発見が難しく、発見された時には他の部位に転移していることの多いすい臓がんを予防するためには、高脂肪の食事を避けるようにすることが大切です。また、日頃から自身の血糖値の変化を記録することで早期発見に繋がる可能性もあります。